共役リノール酸とは?効果と副作用ガイド

共役リノール酸とは

ダイエットしたい人にとって、どんな油も大敵と思っているでしょう。

 

最近ではオリーブオイルなどの必須脂肪酸が逆にダイエットにいいと認識されるようになってきましたが、現代の日本人が多く食用にしているのがサラダ油やマヨネーズなどの体に悪い影響を与える油分のため、なかなか良い油という理解が一般に広まりにくいようです。

 

そんな中、共役リノール酸の存在が注目されるようになり、痩せる油として宣伝され始めています。共役リノール酸とは、いったいどんな役割を持つ油なのかについてお話しましょう。

 

ダイエットで注意したいこと

 

食事で栄養のバランスをとりながら、効率よくダイエットするのはなかなか難しいことです。食べないで一生懸命運動をすれば、体重は落ちてくるでしょう。

 

しかし、それが必ずしも体脂肪の減少につながっているとは限りません。食事のかわりにサプリメントを利用しても、健康を維持しながら上手にダイエットするには緻密な計算が必要なのです。

 

ダイエットが成功したといえる状態は、体脂肪が減って筋肉量は減らさないということです。筋肉量が減ってしまっては、基礎代謝量が落ちてしまいます。

 

せっかく成功したダイエットも、終えた後にエネルギーの代謝が悪くなってリバウンドしてしまうのではガッカリですね。

 

筋肉量はそのままで体脂肪のみを減らす

 

共役リノール酸が理想的なダイエット成分として注目されているのは、筋肉量は減らさずに体脂肪のみを減らすことができるからです。

 

これならダイエット終了後にも筋肉がエネルギーを代謝してくれますから、リバウンドしにくく痩せ体質になって太らないようにすることも可能になるのです。